インビザライン

審美歯科で治療するなら、やっぱり最新のものがいいなって思いますよね。最近、気になっているのがインビザラインっていう審美歯科です。

聞きなれなかったので調べてみました。

インビザラインってバックリと説明するとマウスピースのようなもので歯を矯正することです。

審美歯科では最先端のアメリカのアライン・テクノロジー社ってところが開発した装置だそうです。

歯の矯正っていうとあのワイヤーみたいなものを想像しちゃいますよね。このワイヤー・ブラケットだとやっぱり人目が気になりますよね。

とくに女性の場合はちょっと抵抗ありますよね。

でも、インビザラインというのは、透明なマウスピースを歯に装着するので、はっきり言ってつけていることは全然わからないみたいです。
写真を見ましたけど、わかりません。

接客業とか営業職とか受付とか人と接する仕事の人だとかなり便利だと思います。

インビザラインのメリットは、目立たないことの他にもマウスピースタイプなので、簡単に取り外しできる点もあります。

インビザラインは、マウスピース型の装置を使用するため、自由に取り外しが可能です。例えば、食事や歯磨きのときには、外せるから楽ですよね。

あと、ワイヤーだと口の中を傷つけたりすることも多いけど、そういう心配もありません。
ちなみに、費用も安いみたいです。もちろん痛みも少ないし、金属アレルギーの心配もいりませんよね。

ただ、それなりにデメリットもあるみたいです。たとえば、簡単に取り外せるために装着時間を守らずにきちんと歯が動いてくれないといったことも起こりやすいみたいです。また、場合によってははずすのに時間がかかるようです。つけたまま食事をするとマウスピースの中に食べカスなどがはいってしまうからです。

それでも、歯列矯正ならインビザラインがいいみたいです。

東京の審美歯科医院でもインビザラインの治療ができるところが(→コスモルソ表参道デンタルクリニック)あるって紹介されていました。

オールセラミック

オールセラミックは、簡単に言えば、金属をまったく使わずに、セラミックだけで作られた補綴物(ほてつぶつ)のことです。

オールセラミックのメリットは、金属を使わないから、金属アレルギーの方でも大丈夫な点です。オールセラミックを作るにあたり、元の歯の色に合わせ、違和感がないような色味にすることもできます。

保険の適用範囲になるプラスチックの場合、しばらくするとステインなどで色が変化してしまう場合もありますけど、セラミックなら変色することはありません。

ステイン、歯石などが付着しても、クリーニングすることで元の色にもどるんです。
ただし、保険は効かないので値段は高くなります。

また、硬いため割れやすいとデメリットもあります。

オールセラミックといっても、その治療にはいくつか種類があります。まず、オールセラミックインレーというのがあり、これは単純にいうと詰めものです。セラミックで作った詰め物です。

詰め物じゃなくて、被せものになるとオールセラミッククラウンと呼ばれます。構造は2重になっていて、下がフレーム、ウワモノが表面のセラミックとなっています。オールセラミッククラウンのメリットは光の透過性が高い点です。あと歯の根本が黒ずんでしまう心配もいりません。

あと、オールセラミックブリッジというものがあります。ブリッジですから、歯と歯を連結させた被せものです。
歯が欠損している場合とかに使われます。

あと知っておくといいのは、オールセラミックで使われる素材ですね。いくつか種類があります。歯の場所とかで使い分けるのがいいと思います。

奥歯やブリッジなど強い力のかかる場所にはジルコニアがよく使われます。ジルコニアは人工のダイヤモンドと同じ元素だから、強度と耐久性があります。

あと、曲げてもしっかりしているニケイ酸リチウムガラス含有セラミックというのもあります。歯と歯が噛み合う場合に、歯を傷めない特性があります。

オールセラミックって、金属を使っていないので金属が溶けることでおこる歯の変色、金属アレルギーなどを起こすことが少ないメリットがあります。

また、自分の歯と調和させることもできます。

デメリットは、割れやすかったり、素材によってはや噛み合う歯を傷めることがあります。値段も高いので、いろいろと情報収集したりして決めるといいですよ。

ホームホワイトニング

歯の美しさは、男女とも誰でも手に入れたいものですよね。私は、自分でも審美歯科医院に3年ほど勤めていたので、実際に審美歯科についてはかなり詳しいと思います。今は、別の病院で医療事務をしているアラサーのマイって言います。よろしくお願いします。

私の審美歯科についての知識などで、いろいろと審美歯科について知りたい情報なんかを発信できたらって思っています。

このあいだ、知り合いに人に聞かれたのが、オパールエッセンスを使う時間についてでした。その方は、今、審美歯科でホワイトニングの治療を受けている最中ということでした。

先日、オフィスホワイトニングをして、今はオパールエッセンス15%を使い、ホームホワイトニングをしているそうです。

歯医者の先生から使い方の説明をうけて、1週間に2回、時間は2時間以上で理想は睡眠中の6~8時間をホワイトニングに使ってほしいと言われたそうです。

でも、その方は、知覚過敏らしく、それが嫌で毎日、多くても2時間しか使っていないそうです。で、要するにそれくらいの時間で、効果があるのかないのかを知りたいってことでした。

本来なら、15%のオパールエッセンスなら就寝中4時間以上使用します。

ただ、知覚過敏があるってことなら、日中2時間なら、使い方は、別に間違いじゃないと思います。

効果という面では、やはり使う時間に比例するので、長く使った方が効果は速いでしょうね。

ホームホワイトニングって、やはりオフィスホワイトニングよりも、効果は遅く、時間もかかります。

なので、結構途中で、挫折する人も多いんですよね。抗生物質などで変色しているとかでもない限り、オフィスホワイトニングの方が、白くなるのが早いので、オススメですって答えました。

実際にそうですからね。