オールセラミック

オールセラミックは、簡単に言えば、金属をまったく使わずに、セラミックだけで作られた補綴物(ほてつぶつ)のことです。

オールセラミックのメリットは、金属を使わないから、金属アレルギーの方でも大丈夫な点です。オールセラミックを作るにあたり、元の歯の色に合わせ、違和感がないような色味にすることもできます。

保険の適用範囲になるプラスチックの場合、しばらくするとステインなどで色が変化してしまう場合もありますけど、セラミックなら変色することはありません。

ステイン、歯石などが付着しても、クリーニングすることで元の色にもどるんです。
ただし、保険は効かないので値段は高くなります。

また、硬いため割れやすいとデメリットもあります。

オールセラミックといっても、その治療にはいくつか種類があります。まず、オールセラミックインレーというのがあり、これは単純にいうと詰めものです。セラミックで作った詰め物です。

詰め物じゃなくて、被せものになるとオールセラミッククラウンと呼ばれます。構造は2重になっていて、下がフレーム、ウワモノが表面のセラミックとなっています。オールセラミッククラウンのメリットは光の透過性が高い点です。あと歯の根本が黒ずんでしまう心配もいりません。

あと、オールセラミックブリッジというものがあります。ブリッジですから、歯と歯を連結させた被せものです。
歯が欠損している場合とかに使われます。

あと知っておくといいのは、オールセラミックで使われる素材ですね。いくつか種類があります。歯の場所とかで使い分けるのがいいと思います。

奥歯やブリッジなど強い力のかかる場所にはジルコニアがよく使われます。ジルコニアは人工のダイヤモンドと同じ元素だから、強度と耐久性があります。

あと、曲げてもしっかりしているニケイ酸リチウムガラス含有セラミックというのもあります。歯と歯が噛み合う場合に、歯を傷めない特性があります。

オールセラミックって、金属を使っていないので金属が溶けることでおこる歯の変色、金属アレルギーなどを起こすことが少ないメリットがあります。

また、自分の歯と調和させることもできます。

デメリットは、割れやすかったり、素材によってはや噛み合う歯を傷めることがあります。値段も高いので、いろいろと情報収集したりして決めるといいですよ。